Akira Art Room

オープニングイベントの模様です。

秋晴れの10月24-25日の2日間、Akira Art Roomのオープニングイベントが開催されました。

我が家のリノベーションを手がけてくださったLivmoreの古市伸子さんがファシリテーターになってくださり家ギャラリーができるまでのストーリー(不動産探しから!)や実際にリノベーション後の空間に住んでみて感じたこと、インテリアがもたらす影響などをトーク形式でお話しをしました。

お越しいただいた方は私の古くからの友人やご近所の方、昔からお世話になっている方などお顔馴染みの方もいれば新聞やインスタを見て来られた方、うちの暖炉をお造り頂いた方など初めましての方も多く皆さまと楽しいひとときを過ごせてとても嬉しかったっです。 

古市さんがかっこよくわかりやすくセミナーを仕切ってくださいました!
緊張している私。

セミナーでもお話ししましたが、家ギャラリーをしたい!という当初の自分の意思は嘘ではなかったのですが割とフワッとしたものでどちらかというとできたらいいなあ、という感覚のものでした。

だけど実際にリノベーション後のお家に住んでみて、そして徐々にインテリアやアートがその空間に綺麗に入ってくるとそのフワッとしていた想いがガチッと固まるようになり、家ギャラリーの実現に向けてひたすら動く!というここ数ヶ月の私でした。

なんでかなぁ。今までの私なら日常の忙しさにかまけてズルズルとやりたいことを先延ばしにしがちなんだけど振り返ってみるとこのインテリアが私を後押ししてくれたような気がします。

この美しく清々しい空間に身を置くと自分自身もこの空間に見合った人間になりたい、何となく感じていた自分の中にある違和感を取り除きたいと自然と思うようになりました。

自分の中にある違和感とは頭で思い描いていることと行動が一致していない自分です。この感じ、分かりますでしょうか?

そして現在我が家にある違和感の塊は私自身の他にもう一つ。暖炉の中に置いているLEDキャンドル!安全面から考えてLEDキャンドルにしましたがどうしてもしっくりこないんです。なぜ違和感を感じるのかずっと考えてましたがおそらく偽物だからかなぁと。早く本物のキャンドルと私に出会えますように!

セミナー後は皆さま楽しいお食事タイムを過ごされました。

この家ギャラリーで色んな人が繋がって楽しい会話やアイディアが生まれる瞬間に立会えることが一番うれしい!明るい日差しも手伝って本当にうちのリビングはキラキラと瑞々しい空気に包まれていたのです。これはインテリアとアートのある空間でいらっしゃった皆さまのパーソナリティーが自然に引き出せたのかなと思ったり。あれ、上から目線ですいません!でもインテリアやアートにはそんな不思議な力があると信じています。

そんな気づきがあった初日のインテリアセミナーの模様でした。長くなりましたので2日目のアートセミナーについては後ほどご報告をいたします。

CONTACT

お問い合わせはこちらからどうぞ