Akira Art Room

作家紹介 Ele Pack


ロンドン、ビクトリア駅から列車に乗って約1時間。抽象画アーティストであるEle Packを訪ねて南部の街ブライトンにやってきました。
写真のとおり優しい笑顔で迎えてくれたEle. 本当に彼女の周りにだけ穏やかな空気が流れているようでした。
まさに彼女が創り出す優しい世界そのものです。
Eleはプロのアーティストとしてのキャリアも長くイギリスのみならず海外からのオーダーも入ってくる大変人気あるアーティストです。
ちなみに私が彼女のもとを訪れたのはクリスマスイブの12月24日。
キリスト教国家であるイギリスでこんな日に働いている人なんて誰もいないんですけど日本からやってきた私のために誰もいないシェアアトリエで待っていてくれたEleの心の寛さに感動したことを覚えています。


今は独立したアトリエを構えていますが私が訪問した当時はブライトンの新進アーティストたちとワークスペースをシェアするいわゆる”シェアアトリエ”の一部屋で創作活動を行っていたEle.
決して大きくはないスペースにEleのふわっとした優雅な作品が飾られています。


Eleの作業台。
テーブルに所狭しと置かれたペイント用具たち。
ここからEleの美しい抽象画が生まれるのですね。
このごちゃごちゃ感が好きです。そして少し鼻にツンとくる絵の具の匂いも好きです。
アーティストの仕事場も私にとってはアートですね。
手前に写っているのはイギリス代表ショートブレッドと日本代表抹茶ケーキ(^_^) 


購入したアートを丁寧にパッキングしてくれるEle.
横顔からも優しい人柄が溢れていますね。
Eleのアートを見ると穏やかな気持ちになると同時に、彼女のように優しい強さを持ち合わせたいと思えるのです。

CONTACT

お問い合わせはこちらからどうぞ