Akira Art Room

作家紹介 Hodaya Louis


2016年2月。ニューヨーク郊外の小さな無人の駅で初めてHodayaと出会いました。
日本からやってきた私をそこで待っていてくれたのです。
彼女のある作品をインターネットで見つけたことがきっかけです。

初めて会った私に抱えきれないほどたくさんの作品を預けてもらいなんとしても彼女の作品の魅力を一人でも多くの人に届けたいと強く思いました。
彼女の作品は女性の人物画が中心です。
モデルとなる女性たちに共通するのは”笑顔じゃない表情”。
人間って笑いたくないときでも笑顔を浮かべている時がある。笑顔の下に隠された人間の本質の美しさを表現していきたい、と語るHodayaの話しを聞いて彼女のアートが私の人生にどのように関わってくるのか知りたくなりました。


Hodayaの自画像。
本人同様にとても美しいですね。


明るい太陽の光が差し込むHodayaのアトリエ。
ここでアートについて語るHodayaは飾り気がなくおちゃめでおしゃべり。
神秘的な外見とのギャップがありすぎて!
あるかたが彼女の作品からポジティブなオーラを感じるとおっしゃっていて作家本人の持つパワーが作品に現れているのでしょうね。
クリエイティブなことをものすごいエネルギーでやっている人って応援したくなります。
そしてその作家のもつエネルギーをアートを通して感じる瞬間がたまらなく好きなんです。

CONTACT

お問い合わせはこちらからどうぞ